C馬ワールド

アクセスカウンタ

zoom RSS 大先生が来た日その15

<<   作成日時 : 2009/08/24 22:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

記事に行く前にこちらのバナーをワンクリックお願いします!

ブログランキングに参加しています。ランクUPにご協力下さい。
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

こちらもぜひともクリックよろしくお願いします。
フィッシング(バス釣り)ブログランキング

いったんブログランキングに飛びますが
「C馬ワールド」を押して戻って来て頂くとポイントUPになりますので、是非ご協力ください



詳しくは今月号のバスワールドを見てくださいね。

画像


バスワールドには、高梁川のローカルルールが載ってますので

画像


良く知らなくて高梁川に来られる人は確認して

ルールを守っていつまでも楽しめるフィールドとして協力してくださいね。 



C馬のブログや仲間内のホームページでも

印刷可能な高梁川ローカルルールマップを只今作成中です。



ローカルルール=NBCルールと勘違いする人も多いんですけど、

全然違います!

昨日のブログにも書いたんですけど

その土地土地で長い間バス釣りを安全に楽しむ為に作られた最低限のマナーですからね。

特に安全の為にもスローエリアの確認を必ずしてくださいね。


全てのメディアが大先生の様に注意してくれたら更に良いと思うんですけど

結局、最後は個人のモラルとマナーです!

一人一人が注意して行きましょう!



今回の取材は実はTOP50の旭川シリーズ位の時から「久しぶりに高梁川に来てください」っていう感じだったんですけど

大先生の紹介で前山ちゃんの取材もありましたし

画像


大先生も本当は来たかったみたいですけど

TSRクロニクルズ2の編集に追われて全く時間が無かったみたいです。

本当に毎日が地獄の日々だったみたいです(笑)

TSRクロニクルズ2は全国でも大好評発売で

画像


売り切れ続出でなかなか手に入らないみたいですけど

手に入れてDVDを見て本を読んだ人なら解ると思うんですけど

大先生のストロングスタイルは非常に実戦的で勉強になります。

画像


取材の時の高梁川は、ビッグサイズが無茶苦茶に釣れていたピークからは少し落ちていて

数は釣れても、サイズは狙って釣ら無いと余り出ない感じだったんですけど

そんな事はお構い無しに

C馬は朝一から…

「この前のチャプターを含めて、最近はビッグサイズが沢山出てますからね。

大先生なら最低でもチャプター優勝の5500は釣ってくれ無いと駄目ですよ(笑)」


っていう感じで、いつもの様にまくし立てたんですけど

逆にここで5500オーバーを大先生が釣らない無いと

C馬を含めて周りのローカルアングラーが認めてくれ無い。

最近の釣れ釣れのイメージの高梁川だからこそ

実は非常にハードルの高い取材だったんです!


でもC馬の心の中では、

大先生のストロングスタイルに状況さえ合えば50クラス3本の6キロオーバーは釣ってくれるのでは無いの?

っていう期待は大っていう感じだったんです。


今回の高梁川の取材の結果は…


「新たな都市伝説を

この目で目撃する事となりました(笑)」


画像



何と、何と

初日は3本で7キロオーバー

5本で10キロオーバー

50UP、合計6本の

45UPは∞??


画像


C馬や周りのメンバーが知っている限りでは…

「高梁川 レコードです!」

これはもはや琵琶湖クラスですね!

この現実を目の前で目撃したC馬ですら受け入れられ無い世界がそこにありました!

いつもいつも・毎回毎回なんですけど…

「やり過ぎです!(笑)」

画像



メジャーレイクの高梁川トーナメントエリアで、この日はチャプター選手を含めて10艇以上ボートが出ている中での釣果でしたからね。

今回の模様はイマカツちゃんねるで放送予定ですから

この伝説を目にする事が出来ると思いますよ!


C馬的には画像の良いDVDで発売して欲しいのが本音ですけど、気軽に見れるイマカツちゃんねるも良いかも知れませんね。

画像


少し前にブログでイマカツルアートップシークレットの事を書いたんですけど

C馬が何故こんなに大先生の開発したルアーを信頼しているのか解って貰えると思います。

特に今回は最新作のik350Wで50クラスを連発させるのは目からウロコが落ちました(笑)

明らかにC馬が考えていたバスとは違い

一回り大きな53センチとか54センチとかを普通に釣るんです!

少し前のブログで大先生のストロングスタイル÷8って書きましたけど

実はまだまだ足元にも及んで無かったみたいです(笑)


それに毎回取材中はテストを繰り返しながら実釣するんですけど

今回はik350が激ハマり


実は朝一から…

「どうやC馬君!このルアー釣れそうだろう?」

画像


「……アハハ雨降りなら行けそうですね(笑)」 


ちなみにC馬の心の中では…

(この場所でそんなルアーでは無理っていうか

取材なんだから早く普通に釣りして欲しい…)


「オマエら、こんな物じゃあ釣れ無いと思っとるやろ!」

「そんな事は無いですよ!時間まだまだありますからね…」


(え〜バレテル!(笑))

15分後…

(あ!また別の怪しいルアーをリグっているよ…

既に朝一の貴重なモーニングタイムは出撃する遥か前に終わっているし…)


「なかなか釣れ無いな…」

(本当にアレで釣る気なんだ…)

15分後…

(あれ?またチェンジしているよ…

この時間からクランク?

シーフォースレッドだ(喜)

画像


まぁ時間が時間だからサイズはともかく数は釣れるかな?)


「48センチ!」

画像


(思った以上に大きい。流石はシーフォースレッド!(笑))

その後は想像通りコバスが入れ喰いだってまたまたルアーチェンジしてました!

(またクランクかやっぱり時間的にビッグサイズは無理なんだけどせめて底物なら良いのに…)

っていうカメラマンのYさんと多分同じ気持ちで心の中で格闘しながら見ていたら…


「ドッカ〜ン!(笑)」

画像


更に心の声…

(タイミングを無視していきなり楽勝の50UPを釣っちゃたよ…

この人本当にいったい何なの?

っていうか、何あの見た事の無いクランクは…

スゲー欲しいし!(笑))


大先生は…

「やっぱりラリーは偉大や!」

画像


って喜んでました!

更に更に心の声

(でも巻物なら事故的な要素もあるかも知れ無いし

確かに動きは素晴らしいけど良くても次のビッグサイズは夕方か風でも吹かないと無理かな?)


その後、シーフォースレッドでグッドサイズは追加したんですけど…

((やっぱり事故かな?またik350Wに変更してる)

数秒後…

「ドッカ〜ン!(笑)」

画像


(ちょっと待ってよ

なんで!なんでなの?

オカシイぞ!

絶対に!

今度は55クラスだよ…

今までオレも周りもこのエリアで散々クランクやったけど

50クラスまでなら釣った事はあるけど明らかに全然違うバスだよ。

いったい何が違うの?

人なの?

ルアーなの?







やっぱりどちらも違うんだ!(納得)

とりあえずそのルアーがやっぱり欲しい!(笑))


画像


この様にカルチャーショックを受けて、大先生がテストするルアーやタックルに絶大な信頼をしてしまいます。

物によってはこれって本当にテストしたの?

っていう代物が沢山あるんですけど

大先生の場合は毎回毎回呆れる位に製品のテストしてますからね!

画像


この変態的なテストをせず普通に釣りをすれば確かにすぐに一本位は50クラスは釣れるかも知れませんけど

このテストがあるからこそ50超の連発に繋がるんです!

↑って無理矢理思ってます(笑)

ちなみに気になるそのクランクは、プロトタイプのik350で噂のラリーニクソン特注モデルです。

画像


これがこの時の高梁川には激ハマリで

C馬も今までにik250ik400はキャストしたんですけど

数は釣れるけどグッドサイズは偶然に釣れる位で

クランクを使って55クラスはこのエリアで全然釣った事も無かったんです。

っていうか今まで10年間高梁川に通って、

状況や時間帯が最高の時に釣った55センチ一本、54センチ2本がC馬の今までレコードフィシュ1位&2位ですからね(笑)

川の取材は一日で状況が変化しますし、この前は状況が良くて6キロ釣ったとしても取材日は一発勝負ですからクランクでこの時間帯にこのサイズが釣れたのは未だに謎で良く解らないんですよ(笑)

ただ言えるのは

少しの水深の差とアクションの差がクランクベイトでは劇的に釣果に差が出るみたいですね。

ik350は本当に素晴らしかったです!

新たなる名作クランクの誕生が生まれた瞬間に立ち会えて感動しました!

でもC馬的にはそれ以上に感動をした事があったんですけど…

その16に続く…

( ̄ー ̄)

オマケ
朝一は大先生が来る前になべちゃんの手伝いしていて大先生のタックルボックスをボートに積もうとしたら

ロックが入って無くてバクラトスイマーケースが落ちてバラバラになってしまいました。

画像


「ヤバイこんな姿を見られたら…」

って必死に片付けていると…

「キター!(笑)」

画像


朝一から嫌な汗が出ましたけど、なべちゃんは矛先がC馬に向くので喜んでました!

「C馬君!おはよう!少し遅れて悪かったね!」

「いえいえ大先生全然大丈夫です。だけど僕も許してください…(笑)」

!!ワイの大事なハドルスイマーボックスが…」

「アハハ〜すいません!」

っていう感じで、笑うしか無かったんですけど

C馬のタックルボックスも周りに誰よりも重いと文句を言われるんですけど

大先生のタックルボックスは間違い無く日本一重いハズです…

( ̄ー ̄)




ブログランキングに参加しています。ランクUPにご協力下さい。
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

こちらもぜひともクリックよろしくお願いします。
フィッシング(バス釣り)ブログランキング



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
C馬さんに質問なんですが今江さんは普段どんなノットを使ってるかご存知ですか?
DVD等の動画で見る限りはユニノットっぽいと思ったのですが・・・C馬さんは何ノット愛用派ですか?
マリン
2009/08/24 23:00
う‥‥む
大いなるジェダイマスターになるとフォースの
深さが違うんですなぁ〜
周りに何艇いようと釣果にも関係なく‥
C馬さんの心も読まれたりと‥
シーフォースレッド欲しい!
ラリーニクソンモデル欲しい!
こうなったらラリー先生も新型ライトサーベル
カレイドを使ってもらって大銀河帝国アメレイカ
方面部隊として活躍してもらいましょう〜

たぁ〜さん
2009/08/25 00:46
マリンさん!
こんばんは!
大先生はダブルクリンチダブルスルーだと思います!
C馬は8ポンド以下はダブルユニット3回巻きで8ポンド以上はシングルユニットの5回巻きです!
結び目の強度っていう感じよりもラインによって結び目付近が切れるかどうかがけっこう大事な所ですから注意してくださいね!
特にオカッパリのたか切れは避けたいですからね!
( ̄ー ̄)
C馬
2009/08/25 01:24
たぁ〜さん!
こんばんは!
大先生は常に想像の上を行くので自分自身の考えが壊されて良く解らなくなってしまいますよ!(笑)
後で分析して解る事が多いのですけど理屈は解っても実際に釣れ無いんですけどレベルアップにはなりますからね!
C馬はシーフォースレッドのik350Wが無茶苦茶欲しいです!(笑)
最近の高梁川はクランクの超ビッグバスパターンは壊滅状態なので今だからこそik350Wならどうなるのかやって見たいです!
( ̄ー ̄)
C馬
2009/08/25 01:37
さすが高梁川から7分のC馬さん(笑)本を読みながら見るとさらに状況がよくわかります!!
大先生のルアーへの情熱は圧倒的ですね!!これだけのテストをしたことを知ってれば、ユーザーの自分たちも1日中投げ倒すことができますよ!!努力なくして成功なし!!
Dすけ
2009/08/26 00:25
Dすけさん!
おはようございます!
大先生は何でも本当にやり過ぎですからね!
中にはバクラトスイマーの様にマニアックで使用がやや難しい代物もあるんですけど使うこなせた時の破壊力は最高ですからね!
( ̄ー ̄)
C馬
2009/08/26 06:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
大先生が来た日その15 C馬ワールド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる