C馬ワールド

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近のC馬的オカッパリタックルその1(カバー編)

<<   作成日時 : 2008/06/07 19:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近オカッパリに持って行くルアーを少し変更したんですよ!

何故だか解りますか?

そうです!

Love Fish?に送る為にイマカツルアーをメインにタックルを組んだんですよ!

でも今までと殆ど変わらないんですけど…(笑)

でも少し前ならワーム類はもったいないので使わ無くなったワームなども持って行ってたんですけど、最近は超一軍を持って行ってますよ。

最近オカッパリに持って行くロッドはベイト×2本スピニング×1本と言う組み合わせが多いんです。
ここ最近の雨の影響で何処のフィールドも増水してカバーだらけになってて、対応する為にガンスリンジャーを愛用していますよ!
ガンスリンジャーは本当に頼りになりますね。

画像


コイツにフロロの16ポンドを組み合わせて使えば、カバー周りのテキサスやジグは勿論ですけどバクラトスイマーダイナゴンの様な高比重のノーシンカーでも投げれて、ある程度のサイズのビックベイトも投げれてしまうんですよ!

リールもジリオンの7:1のハイギアを使って、スプールをUSトレイルの物に変更すれば飛距離とピッチング共に平均点以上になるんですよ。

「6フィート6インチMHクラス以上のロッドがオカッパリで必要なの?」

って聞かれる時もあるんですけど、自分が通っているフィールドにもよるのですけど、カバーが多い所では圧倒的なアドバンテージを約束してくるんですよ。
コイツは実際にガンスリンジャーの様な優れたロッドを使ってカバーを打った人にしか解らないんですけど、ロッドに絶妙な張りとトルクがある為にカバー越しに投げても余計なラインスラックが出ないで根掛かりしないんですよ!

ラバージグのヘッドの形状だけで根掛かりが少なくなるっていうのは間違いないですよ!

優れたロッドに良いフロロラインとすり抜け易いジグやワームを使う事によって信じられ無い角度からのカバー越しにキャスト出来て確実にバスを取り込む事が出来るんですよ。

相羽さんの最近のDVDのバスの虫ではオカッパリで信じられ無い角度からジグやテキサスのカバー打ちをしていますね!

画像


勿論相羽さんのテクニックも有るんですけどタックルバランスに注意する事で素人でもストレス無いカバー打ちが出来ますよ!

ジグのオススメはイマカツのモグラジグと相羽ジグ事ホールショットジグとガンクラフトのコアヘッドジグですよ!

画像


残念ながらエコ対応はモグラジグだけだけどいずれもタックルバランスさえ間違えなければ根掛かりでロストした事を忘れる位に素晴らしいバランスを誇るジグですよ!

良くワゴンセールの安物のジグの方が無くなっても安心だから思い切ってカバーを攻める事が出来ると聞きますけど、攻められるのはせいぜい条件の良いミドルカバーまでで、返って本気でカバー打ちをすると根掛かりをしてポイントを荒らしてしまうだけでは無くて何個もロストして帰って高く付いてしまうんですよ!

ワームに付いてですけどすり抜けの良いハイアピールの物を使いたいですね!

マイブームはダイナゴンですけど、ABホッグも良い感じですね!
ライトカバーやウィードエリアならモジャオを使用してますよ!

画像




オマケ
ABホッグですけど、C馬的にはイマイチフッキングが良く無い気がしたんですけど、池ちゃんに聞いた所相羽さんはキロフック3/0でテストしていたので試して見たらと言われたんですよ!

画像


画像


そんな訳でABホッグは全てキロフックでダイナゴンやモジャオはノガレスのワイドゲイブを使用してますよ!
(≧∇≦)


ブログランキングに参加しています。ランクUPにご協力下さい。
皆様の1クリックが僕にやる気を与えてくれます。面倒ですけどよろしくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

こちらもぜひともクリックよろしくお願いします。
フィッシング(バス釣り)ブログランキング



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最近のC馬的オカッパリタックルその1(カバー編) C馬ワールド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる